クレジットカードでコンビニ商品の代金支払いをする利点と注意点

この頃は、コンビニでもクレジットカードで買い物をすることが珍しくなくなっています。コンビニで、2万円以下の買い物をする時には、サインがなくてもカード決済ができるようになっています。クレジットカードがあれば現金を持っていなくても、いつでも商品を購入することができるので、大変便利です。現金と比べるとスムーズに決済を行うことができるだけでなく、支払いが完了する前に先に商品を渡してくれるところもあるぐらいです。ポイントサービスが付帯しているクレジットカードもあります。コンビニそのものがポイントサービスを行っているところもあり、便利にポイントを貯めることができたりもします。手持ちのお金で支払いを済ませるより、クレジットカードで買い物をしたほうがポイントが入りやすいこともあります。クレジットカード払いに対応していないものとして、切手、印紙といった有価証券があります。今では当たり前になったクレジットカードによる決済ですが、利用する場合には注意しなければならない点もあります。以前には、コンビニで使用したクレジットカードの番号がレジで不正に複写されて、勝手に商品を購入されてしまった事件がありました。支払いの時には、並んでいる商品などを眺めたりしがちですが、カードを渡された店員を見ておくことも大事です。また、クレジットカードの裏にはセキュリティコードが書かれていますので、人目れ触れないようにしましょう。